読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新年も、アカシエ・サロンで、ハッピ〜♪

Acacier

今年初の、アカシエ・サロン・ド・テです♪

入店したら、カウンターで、パティシエさんが、大量のレモンの仕込みのまっ最中でした。
店内が、レモンの爽やかな香りにみたされ、しかも目の前に、見たことが無いくらいの、
てんこ盛りのレモンの山が二つ。
ちょっとした異空間でしたが、残念ながら、写真をとりわすれました〜〜〜


ってことで、現実にもどって、デセール突入♪

私のオーダーは、クープ・フォレノワール、1260円と、カフェ500円。
このクープは2度目ですが、グリオットとチョコとキルシュの、迫力あるハーモニ〜〜〜
下に行けばいくほど、美味しさが増す構造は、まさにアカシエ・マジック♪






相方のオーダーは、細長い柑橘のパンペルジュ、柑橘フルーツのマリネとショコラオランジュ#△*&%(名前が長すぎて覚えきれませんでした・・)
1200円と、テ・アールグレイ600円。


これは、相方が悶絶する美味しさでした!!
以前、サロンで定番で提供されていたクルミのパンペルデュが、
かなり好評だったので、それを超えるパンペルデュを作るのは難しいだろうなと
相方は、あまり期待せずに注文したようですが、
はっきりいって、ものすごい、進化!!劇的進化!!
ものすごく美味し〜〜〜!!






見た目は、厚焼き玉子ですが、一晩卵液を浸透させたブリオッシュ。
そのうえに、色とりどりの柑橘フルーツとコンフィチュール、
つけあわせは、オレンジのチョコと、カボスのジュレ。
これを食べずに、パンペルデュを語るなかれ・・・と、
(たいした食通ではありませんが)、言いたくなるような、極上デセールでした。

新年初のサロンの締めは、新作プチガトーです。
まだ食うのかって、感じですが、相方は、ホワイトチョコに弱いんです。

シュル・モンテ 630円。(パティスリーでは、580円)
トリュフ・アジュールのホワイトチョコ・バージョンですね。
カスタードクリームに、オレンジと、カモミールの香りもさわやか〜〜〜






追加情報
アカシエで現在販売されている、ガレット・デ・ロワに入っている
フェーブは、フランスに特別注文して作ったもので、今年限りのもの。
シェフの考えでは、フェーブは毎年かえていきたいようです。

それから、近いうちに、浦和駅エキナカに、アカシエが
出店するそうです。これで、ますます、アカシエのケーキを
買いやすくなりますね。